CBD Products

大麻誘発糖尿病

てんかんとCBDとの関係について | HEMP CBD NEWS 大麻草には抗痙攣作用や鎮静作用があり、筋肉の痙攣やてんかん発作の抑制に効果があることが古くから経験的に知られています。生後数年以内に始まるような小児の難治性てんかんに対する代替治療の一つとして、カンナビジオール(cbd)が注目されています。 ウルグアイが世界で始めて大麻の使用、生産、売買を合法化へ | … Photo by kat_jordan 南米のウルグアイが大麻の使用から生産、売買までを広く合法化することが明らかになりました。 12月10日、南米ウルグアイの上院にて大麻合法化案が賛成多数で通過、ムヒカ大統領の署名によって来年にも世界で初めて大麻の生産、売買、消費を認める国となります。なお 抗精神病薬誘発性持続勃起症への対処は|医師・医療従事者向け … 発症の25~40%は薬物が原因で、抗うつ薬、降圧薬、抗凝固薬、交感神経α受容体遮断薬ほか精神を活性化する物質(アルコール、コカイン、大麻など)などが含まれるが、薬物関連の持続勃起症の約50%は抗精神病薬に起因するという。

高血圧症の人に朗報!CBDは血圧を下げるという研究結果が明ら …

大麻報道センター - 精神作用のないカンナビノイドはアルコール … 大麻の見直しが世界的に進行中。特に医療大麻が大注目。日本の「ダメ。ゼッタイ」大麻情報に医学的根拠ナシ。大麻取締法はghqに強要された悪法。大麻の事実と真実を知り、大麻の可能性を活かせる日本 …

2020年1月25日 (CBD)カンナビジオールは、大麻植物に含まれる天然の有効成分 症 #心血管疾患糖尿病合併症 #抗炎症 #抗酸化 #抗アポトーシス #Aβ誘発神経炎症 

大麻を習慣的に使用すると肥満にならず身体機能が活発になる - … 「大麻を使用する者はマンチーズとなり(強い食欲が誘発され)、たくさん食べるので、体重も増えると一般に信じられているが、我々の研究では必ずしもそうではないことが分かった」。 研究者は、このような研究結果となった理由を特定できていない。 みんなで知ろう危険ドラッグ(違法・脱法ドラッグ) 「合法」「安全」と称して売られているドラッグやハーブ(アロマ)。これらは法律の規制が追いついていない、危険ドラッグ(違法・脱法ドラッグ)です。心身への影響は、麻薬や覚醒剤より強いことも。事件や事故に巻き込まれないよう、正しい知識を身につけましょう。 オバマ大統領が「大麻が酒よりも危険だとは考えない」とインタ …

435)アマゾンの秘薬コパイバ(Copaiba)とβ-カリオフィレン - 「 …

任天堂の「Wii」には脳梗塞のリハビリ効果が|健康・医療情報 …