CBD Products

日本鎧雑草エキス

日本の甲冑の歴史を古代から幕末の終焉まで時代を追って解説していきます。 甲冑(かっちゅう)とは、胴部を守る鎧(甲、よろい)と、頭部を守る兜(冑、かぶと)からなる武具。主として刀剣や弓矢を用いた戦闘の際に侍・武士が身につける日本の伝統的な  国風文化の影響を受け、日本独自のスタイルである「大鎧」(おおよろい)の制作が開始されたことをきっかけに、独自の「日本式甲冑」として進化・発展していくこととなったの  甲冑は、基本的に頭にかぶる「兜(かぶと)」と、体を守る「鎧(よろい)」の二つを総称して「甲冑」と言います。ここでは、代表的な甲冑のご紹介をはじめ、甲冑の分類、甲冑の  くわがた 鍬形, 兜正面の装飾で左右上方に伸びる先端の開いた形の立物(兜に付ける装飾)のことです。平安時代中期頃から付けられるようになり、古くは一枚で構成され 

甲冑は、基本的に頭にかぶる「兜(かぶと)」と、体を守る「鎧(よろい)」の二つを総称して「甲冑」と言います。ここでは、代表的な甲冑のご紹介をはじめ、甲冑の分類、甲冑の 

甲冑(かっちゅう)とは、胴部を守る鎧(甲、よろい)と、頭部を守る兜(冑、かぶと)からなる武具。主として刀剣や弓矢を用いた戦闘の際に侍・武士が身につける日本の伝統的な  国風文化の影響を受け、日本独自のスタイルである「大鎧」(おおよろい)の制作が開始されたことをきっかけに、独自の「日本式甲冑」として進化・発展していくこととなったの 

くわがた 鍬形, 兜正面の装飾で左右上方に伸びる先端の開いた形の立物(兜に付ける装飾)のことです。平安時代中期頃から付けられるようになり、古くは一枚で構成され 

日本の甲冑の歴史を古代から幕末の終焉まで時代を追って解説していきます。 甲冑(かっちゅう)とは、胴部を守る鎧(甲、よろい)と、頭部を守る兜(冑、かぶと)からなる武具。主として刀剣や弓矢を用いた戦闘の際に侍・武士が身につける日本の伝統的な  国風文化の影響を受け、日本独自のスタイルである「大鎧」(おおよろい)の制作が開始されたことをきっかけに、独自の「日本式甲冑」として進化・発展していくこととなったの  甲冑は、基本的に頭にかぶる「兜(かぶと)」と、体を守る「鎧(よろい)」の二つを総称して「甲冑」と言います。ここでは、代表的な甲冑のご紹介をはじめ、甲冑の分類、甲冑の 

くわがた 鍬形, 兜正面の装飾で左右上方に伸びる先端の開いた形の立物(兜に付ける装飾)のことです。平安時代中期頃から付けられるようになり、古くは一枚で構成され 

日本の甲冑の歴史を古代から幕末の終焉まで時代を追って解説していきます。 甲冑(かっちゅう)とは、胴部を守る鎧(甲、よろい)と、頭部を守る兜(冑、かぶと)からなる武具。主として刀剣や弓矢を用いた戦闘の際に侍・武士が身につける日本の伝統的な  国風文化の影響を受け、日本独自のスタイルである「大鎧」(おおよろい)の制作が開始されたことをきっかけに、独自の「日本式甲冑」として進化・発展していくこととなったの  甲冑は、基本的に頭にかぶる「兜(かぶと)」と、体を守る「鎧(よろい)」の二つを総称して「甲冑」と言います。ここでは、代表的な甲冑のご紹介をはじめ、甲冑の分類、甲冑の  くわがた 鍬形, 兜正面の装飾で左右上方に伸びる先端の開いた形の立物(兜に付ける装飾)のことです。平安時代中期頃から付けられるようになり、古くは一枚で構成され